一時間半前に着いてしまい、ビルの前でチーズバーガー食べながらカペタ読んで時間潰しました。
30分前には緊張で心臓爆発寸前。
いざ芳文社に入ろうとしたら自動ドアが開かなくて(凄く特殊な開き方なんです)受付のお姉さんに笑われてしまいました・・・
担当さんは男性の方。凄く丁寧な対応で、良い人でした!
自分の漫画を読まれている時、こちらも用意して頂いた最新のきららを読んでいたのでそこまで緊張しませんでした。
無言で、考えながら読まれていたのが印象的です。
以下、発言まとめです。
・読み終わっての感想「なかなか良く描けている」
・年齢設定は小学生じゃない方が良い
・男の子の絵柄がコロコロコミックのようなので、もっと可愛く
・女の子はツンデレならツンデレ、まじめならまじめ、キャラをもっと極端にわかりやすく
・アニメ化を狙うならきららの看板レベルの絵(Aちゃんねる、けいおんなど)を意識すること
・ライバルはpixivの人気絵師だと思って、画力をあと2レベル上げる
・連載、単行本となった時の為に、カラーイラストも練習しておく
・そこが改善されたら一緒に仕事をしていきたいと思う
・ここ最近の持ち込みで一番良い
・基本的な設定は変えず、肉付けをしてもう一度持ち込み
・制作期間15日(ネームを含めて)はとても良いペース
指摘された事が納得できる事ばかりで驚きました!
次の持ち込みの時も担当してくれるそうです。(担当者によって言う事が変わってしまうそうで)
きらら掲載を目指している方は、絵柄を意識して描くと良いと思います!
今現在人気の萌え~な絵柄を把握することが重要なのではないかと私は思います。
頑張りましょう!!
(2011.3.18)